2010年9月9日木曜日

歯医者初体験



待ちに待った歯科診察日。
11時予約だったので、10時半に家を出て10分前に到着。

待合室には誰もいない。
明るく、清潔でシンプルな空間。ここ、歯科医院?っていう感じ。
でもやっぱり歯科医院です、奥からあの音が聞こえてきます。

しばらく待ってると歯科医のマッシミリアーノが出てきて
「初めまして、あと5分待っててくださいね」とわざわざご挨拶。
なんて丁寧なんでしょう、しかもテンション高い!

およそ5分後、呼ばれて診察室に入るとそこは個室でした。
日本みたいにずら~っと診察台が並んでいるわけではありません。

「誰に紹介してもらったの?」
「あ、知り合いの日本人全員です。先生はとても有名で・・・」というと
さらにテンションが高くなりました。
「で、どうしたの」
「奥の差し歯がとれました」
「じゃ、見てみましょう」

口を開けると
「ブラ~バ~」、
顔を向こうに向けると
「ブラ~バ~」・・・
友人から先生のほめ上手は聞いてはいましたが、なんだかおかしくっておかしくって。

差し歯は接着剤で付け直してくれましたが、
あまり良い状態ではないので、またいつとれるか分からないから新しく変えた方がいいと、
見積書を書いてくれました。
日本で治しても良いし、こっちでやっても良いし、決まったら電話してとこのこと。

は~、800ユーロです。

「あの~、この差し歯の色は白ですか、メタルですか」と聞くと
「白だよ、白。イタリアではメタルを使う人はほとんどいません」ときっぱり。
そうか、白で800ユーロならきっと日本とそんなに変わりないかな。

でも今日せっかく強力な接着剤で付けてくれたんだから
もう少し様子を見よう。
今日だって100ユーロかかったんですもの・・・・。


歯は大事にしなきゃね

4 件のコメント:

Yukiko さんのコメント...

そうなんです。
何をやっても、「ブラ~ヴア~~!!」って、言ってくれるのよね。
 2回目あたりから、「おお、元気~~?」って、バッチョ、バッチョ!
 あんな、お医者さん初めてでした。(笑) 
 あ、FATTURA,もらってきた?

leo さんのコメント...

yukikoさま
私も初めてです!あんなにテンション高いお医者さん。
ちゃんとFatturaいただきました。
これで安心してエルバで食べられる~~

supertoscana さんのコメント...

マッシデビューですね。
テンション高い、高い。
わたしも奥歯の治療し難いところが、そのくらいの見積もりでした。
それを日本でやったら...

leo さんのコメント...

supertoscanaさま
ようやく仲間入りです。
とりあえず来年あたりを目標にお金をためて
こちらで作り直そうと思ってます。
安心してお願いできる感触でした。