2011年2月7日月曜日

イッツ ア ビッグ シティー@マドリッド


たった2泊3日のマドリッド滞在でしたが、
スペインの印象ががらっと変わりました。
今までは、
「EUのお荷物」的な評判どおりのマイナーなイメージがあったのですが
なんのなんの、イッツ ア ビッグ シティー、
太陽の沈まぬ大帝国時代を彷彿とさせる活気を感じてきました。
イタリア同様、不景気だと思うのですが
イタリアほど感じませんでした。
これはきっと住んでいないからだろうけど、
でも元気があるんです、マドリッド。
ちょっとはまりそうなスペインです。

2 件のコメント:

supertoscana さんのコメント...

わたしもマドリッドに行った時に感じたのは、大都市ということです。
住んでいる人も都市開発などもとてもしっかりしていると絶賛していました。
行政が良いのではないでしょうか。
ただ、気になるのは犯罪ですね...

leo さんのコメント...

supertoscanaさま
以前のような首締め強盗は最近は無いようです。街に警官もいっぱい立ってました。
ま、仕事ぶりは、イタリアとさほど変わらないようでしたが。
それにしても行政のよさは、移民の様子を見てもわかりました。